正確さと早さ

CDデータ

クラウドサービスで利用する場合はこれを知っておこう

勤怠管理は従業員やパートタイマーの方の給与や昇級のための査定に直結しますので正確にしかもスピーディに行うことを要求されます。 人数が多い職場の場合はネットワークに接続された勤怠管理端末機を現場に置き本部や本社サーバーと接続するよりもデータセンターのサーバーと結び月額利用料を払うクラウドサービスが良いでしょう。 その際社員やパートさんのマスターはあくまでも企業側が入力メンテナンスを行わなければなりません。クラウドはデータセンターがサーバーの保守や運営を行うだけでアプリはサポートしてくれません。 個人名や給与額残業の単価、は各自勤怠管理マスターをクラウド側に入力しておくわけです。 またパートさんの時間給も時間帯や曜日、キャリアによって単価が異なってきます。 これも途中から変更できるような仕組みにしておく事です。 その際人の移動や入退社やパートさんの入れ替わりに現場でも入力できるクラウドセンターと繋がった勤怠管理のメンテナンス端末が必要になります。

勤怠管理を食らうで利用するときにはこんな利用をすると便利です

勤怠管理はクラウドサービスです随分と本社業務の締め日の事務量の削減に繋がりますが事務や経理の仕事は給与だけに留まらず財務にまで及びそれが売上 、仕入れ、支払い、在庫データ留まらず結び付き月次、本決算となるわけです。 データ入力のミス防止は一度入力したデータの一元化と他業務への再利用です。 勤怠管理の給与データはクラウドから財務管理データにダウンロードすることで自動取り込みが出来ると同時に作業の簡略化になります。 また勤怠管理を給与の計算だけで使わないで生産性を上げる為の人件費コントロール機能が付いたアプリケーションも有りますのでそれも合わせてクラウド利用すればシフト管理や売上予測に見合った出勤スケジュールを現場管理者は組むことができ大変便利です。

Copyright © 2015 管理や予測を正確にして会社経営~幸せ企業のつくりかた~. All Rights Reserved. Design by Megapx@ Template by s-hoshino.com
このエントリーをはてなブックマークに追加